ホウ素系防腐防蟻剤「エコボロンPRO」

エコボロンは「ホウ酸塩」から作られています

エコボロンの主原料は「ホウ酸塩鉱物」です。ホウ酸塩は安定した無機物なので分解されず、

また揮発・蒸発することもないため、非接地・非曝露の条件下では半永久的に効果が持続します。

ecoboron2

エコボロンは安全です

ecoboron3

人などの哺乳類は、腎臓の働きにより過剰に摂取したホウ酸塩を体外に排出できるため、

急性経口毒性はとても低く、食塩程度です。一方、シロアリなど、腎臓を持たない下等生物がホウ酸塩を摂取すると、

エネルギー代謝が停止して餓死します。また、ホウ酸塩はカビ菌や雑菌などにも効果があり、目の洗浄液などにも利用されています。

ホウ酸塩が木材を守ります

ホウ酸塩の高い防腐・防蟻性能は、京都大学などの公的機関により実証されています。

エコボロンは高濃度のホウ酸塩を木材の内部まで浸透させ、白アリ・木材腐朽菌から木材を守ります。

ecoboron4

エコボロンはココが違う!

ecoboron5 ecoboron6

新築をお考えの皆様に、お知らせしたい事実があります

ecoboron7
農薬系の効果は最長5年間

柱などに一般的に使われている防腐防蟻剤は「農薬」です。

その効果は最長で5年間。5年以内に蒸散と分解で無くなります。防腐防蟻効果を持続させるには、

5年ごとに再施工しなければなりません。

外壁の柱などへの再施工は事実上不可能

5年ごとの再処理が必要な部分がありますが、断熱材や防水シートなどがあってできません。

現在建てられている住宅は、現実的に再処理は不可能です。

住宅の寿命を延ばすために、分解されない無機系防腐防蟻剤(ほう素系)を

農薬系を木部に使用するのは日本独自の方法です。

これらを知っているか知らないかで、住宅の寿命が大きく変わります。

チャンスは新築時です。

持続効果が抜群に長い防腐防蟻剤

効果の持続性では「ほう酸」がダントツ
ecoboron9

スケルトン(構造躯体)の耐久性向上に欠かせないのが、長期間効果が持続する防腐防蟻処理です。

残念ながら、一般的な農薬系防腐防蟻処理剤は5年以下で効果が消えてしまいます。

本来5年ごとの再処理が必要ですが、完成した木材家屋への再処理は難しいのが実状です。

近年、健康被害から使用が禁止された薬剤に代わるものとして、分解・揮発せずに効果がいつまでも持続する「ほう酸」が注目されています。

人にやさしいほう酸(無機物)

ほう酸は、米・カリフォルニア州などで採掘される鉱物を精製して作られる天然物です。

自然界では海水、土壌、植物などいたるところに存在します。

きちんとほう酸処理された木材はシロアリに食べられることも、腐ることもありません。

無機物であるほう酸は揮発・蒸発しないので、効果がずうっと長続きするだけではなく、

お部屋の空気も汚しません。

住まいの寿命を伸ばしましょう
ecoboron10

我が国の木造住宅は30年が平均寿命。

それに対して米国は約55年、英国は約77年です。

国は今、豊かな住生活確保と環境保護のため、長寿命住宅の整備を進めています。

提言内容は、スケルトン(構造躯体)の耐久性・耐震性を高め、

インフィル(内装・設備)を簡単に取り替えられるようにすることです。

中でも、スケルトンの耐久性が長寿命住宅のカギとなっています。

木造住宅の破壊者は「腐れ」と「シロアリ」です
ecoboron11

空気中を漂う木材腐朽菌が湿った木部に付着すると腐りだします。

土の中からシロアリが侵入すると、土台や柱を破壊します。

阪神淡路大震災で倒壊した家屋のほとんどに腐れとシロアリの被害がありました。

家を長持ちさせるためには、きちんとした防腐防蟻処理が重要なのです。