高齢者の手芸 羊毛フェルトボールの簡単作り方 アレンジや模様も伝授

ハンドメイド

今回は、高齢者の方にも簡単に作れる羊毛フェルトを使ってボールを作っていきます。

フェルトをコロコロ丸めて、ふんわりかわいいフェルトボールを簡単に作る方法とともに、作ったフェルトボールを使ってアレンジする方法や、模様をつける方法もお伝えしています。

好きな色、好きな大きさでたくさん作って、つないでお部屋の壁飾りにしたり、アクセサリーに使ったり、たくさん作れば鍋敷きやマットなどにも応用できます。

ただ置いてあるのを見ているだけでも、ほっこりかわいいフェルトボールにぜひ挑戦してくださいね^^

スポンサードリンク

高齢者の手芸 簡単なフェルトボールの作り方

まず必要な材料・用具を紹介します。

  • 羊毛フェルト・・・適宜
  • 中性洗剤・・・少々
  • フェルト用ニードル
  • お湯(熱めのお風呂くらい、水でもできます)

では作り方を順番に画像で説明しながら進めていきますね。
①作りたいサイズに合わせてフェルトをほぐします。

羊毛フェルトボールに模様をつけるには

単色のフェルトボールではなく、模様をつけたいときはこの時点で違う色を少しずつ混ぜながらまとめていきます。

マーブル状になるようにしていくといろいろな模様が作れますよ。

好きな色をいろいろ混ぜてみたり、ポイントだけ違う色にしてみたりすることで好みのフェルトボールを作ってみてください。

この時注意しておくことは、フェルトの繊維の方向を縦に揃えることです。
②くるくると巻くようにして、丸めていきます。

模様にするときのポイント:マーブル模様にする時は、地の色のフエルトに違う色を少し合わせて丸めます。

③フェルト用ニードルでいろいろな方向から刺して、丸く形作っていきます。

↓ ↓ ↓

④ある程度丸くなるまで刺します。

⑤お湯に中性洗剤を少し入れます。
200mlに2~3滴でOK

⑥丸くしたフェルトをせっけん水につけます。

⑦軽くしぼって…

⑧タオルの上で転がして、さらに丸くしていく。

スポンサードリンク

フェルトボールに割れ目ができてしまったら


同じ色のフェルトを少量割れた部分の表面に巻きつけて…

もう一度せっけん水につけて軽くしぼり、手のひらで丸めます。

↓ ↓ ↓

⑨手のひらで転がすように丸く形作ってタオルの上で転がします。

⑩乾かしたら出来上がりです^^

ポイント
ニードルで刺すときには、多方向から、まんべんなく刺していくようにするのがコツです。

でも、割れ目ができてしまっても、その部分にフェルトを足してさらに丸めればうまくできるので心配はいりません。

スポンサードリンク

羊毛フェルトボールでアレンジ

羊毛フェルトボールがたくさん作れたら、いろいろなものにアレンジしていきましょう。

例えば、他のモチーフと組み合わせてかわいいガーランドやオーナメントに♪

羊毛フェルトで作ったものに、フェルトボールをボンドで貼り付けたり、糸を通してみたり^^

羊毛フェルトで家や星の形を簡単に作る方法はこちら

フェルトボール同士を貼り付けるときは、フェルトを細く切ってボンドでフェルトボール同士を貼り合わせるだけの簡単な作業でできます。

フェルトボールで鍋敷きやマットレスを作るときも、この要領でたくさん貼り合わせるだけでできてしまいます。

みんなでたくさん作ってぜひ挑戦してくださいね。

そのほか、ヘアゴムやヘアピンにも応用可能です。

まとめ

羊毛フェルトボールの作り方を紹介してきましたがいかがでしたか?

細かい作業がないのに、満足度の高い作品が出来上がるので高齢者のかたの手芸にも適していると思います。

コツをつかめばどんどん作れるので、たくさん作っていろいろなものにアレンジしてみてください。

座布団なんかにも温かくておすすめですよ^^


人気ブログランキング
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました