クリスマス壁飾りを手作り|写真付きで簡単 高齢者も幼稚園でも活用

折り紙

12月になるとクリスマスの雰囲気で一気に盛り上がりますね^^

高齢者施設などでは、利用者さんと一緒にクリスマスの飾りを作ることも多いでしょう。

ツリーやリースなどもかわいいですが、壁飾りも一工夫すると更に気分は盛り上がります。

ここでは、高齢者でも幼稚園児でも安全で簡単に作れる折り紙での壁飾りをご紹介します。

クリスマスには欠かせないサンタクロースやトナカイの折り方を写真付きで詳しく解説しますのでぜひ参考にしてください。

『これは〇〇さんが折ったサンタさん』
『このトナカイは〇〇さん』
『このサンタさんの顔を書いたのは〇〇さん』

手作りしたサンタさんが壁に飾ってあったら、みんなの喜ぶ顔が浮かんできますね。
クリスマス会の時には大盛り上がり間違いなしですよ^^

お顔は自分で書き込むので、折り紙を折ることができない場合でも壁飾り作りに参加できるのもいいところです。

スポンサードリンク

壁飾りにピッタリの愛らしいサンタクロースの折り方

今回ご紹介するサンタさんの折り方は、頭と体をばらばらに折り、セロハンテープで止める作り方です。

帽子の折り方を少し変えてみたり、いろんな表情の顔を書くことで飽きずにたくさん作ることができます。

私は3歳の娘と1歳の息子と一緒に作りましたが、二人ともかなり集中して作っていました^^

折り紙のサンタクロースで準備するもの

  • 折り紙(サンタさんっぽくするならやっぱり赤がおすすめです)2枚
  • 顔を書くためのペン
  • セロハンテープ(頭と体をくっつける用)

折り紙のサイズを変えて作るとすこし大きめのサンタさんや小さめのサンタさんになるので手先の器用な方は小さめの折り紙。ちょっと不器用かな…とか手があまりうまく動かせなくなっている方には大きめの折り紙という感じで分けるといいですね。

折り紙の色はお好きなもので大丈夫です。帽子と体の色を変えても楽しいですよ。

では折り方の解説をしていきたいと思います。

①折り紙を2枚用意します。今回は7㎝×7㎝の折り紙を使用しました。

②斜めにして、7㎜くらいをを谷折りします。

③同じ要領で、重なるように7㎜くらいを谷折りします。

④上の角を谷折りします。

⑤裏返します。

⑥端を1㎝ほど間隔をあけ折り返します。

反対も同様に1㎝ほど間隔をあけ折り返します↓ ↓

⑦上を帽子が折れたイメージをしながら後ろ向きに折り曲げます。

下の三角の部分を折り曲げ、ひげの部分を作ったら顔の完成です。

⑧もう一枚の折り紙の上と下を折り曲げます。

反対にして横に折り目を付けます↓ ↓

⑨折り目に向かって折り返します。

⑩上の部分を広げます。

下の部分を残して折り戻します↓ ↓


これで体が完成したので、頭と体をくっつけてセロハンテープで止めます↓ ↓

完成したらそれぞれお好きなようにお顔を書いて壁に飾って下さいね。

とっても簡単なので、小さいお子様でも高齢者の方でも楽しんで折れると思います。

ちょっと難しそうなところは手伝ってあげてくださいね^^

では次はトナカイの折り方をご紹介します。

スポンサードリンク

壁飾りにピッタリのトナカイ

真っ赤なお鼻の~トナカイさん・・・♪♪

クリスマスというとこの歌を誰もが思いつくのではないでしょうか^^

作り方はいたって簡単なので、こちらも高齢者の方や幼稚園児でも可能な折り紙となります。

ただ、ちょっとサンタクロースよりも難しいので、横について一緒に折ってあげて下さいね。

こちらもお顔を最後に書くので、折り紙に参加できなくてもお顔を書くなどで参加してもらいましょう♪

折り紙トナカイで準備するもの

  • 折り紙(好きな色でいいですが今回はトナカイらしく茶色です)1枚
  • 顔を書くためのペン

このトナカイの折り方は、トナカイの顔のみとなります。

サンタクロースと一緒に壁に飾るととても可愛くなります^^

①折り紙を半分に折り、十字の折り目を付けます。

②今度は斜めに折り目を付けます。

③角をぱたんと折りたたんで、

そのまま上から下に折り曲げます

④折り曲げたほうを折り曲げて

開きます↓ ↓ ↓


ひっくり返して、反対も開きます


↓ ↓ ↓

⑤真ん中の線を中心に折り目を付けます。

上も折り曲げて折り目を付けます

⑥開いてから・・・・・

広げます


鶴を折るときの感じですね^^

⑦回転させます。

後ろの出てる部分を折り重ねます

⑧折り曲げたところの三角の部分を折り広げます。

ポイントは、広げるときにちょこっと反対から角が見えるようにすること。
ここの部分がトナカイさんの耳になるので、ちょこんと出ていたほうがかわいくできます。

⑨上の白い部分を斜めに折り下げます。

トナカイの角の部分になります。少し細くして、スタイリッシュに♪

⑩下に伸びてる二等辺三角形を上にあげて

折り曲げて


あと2回折り曲げて


耳の下の部分にしまいます

⑪角を内側に折ります。(こうすることでトナカイ感が出ます。)

裏返して完成~^^

顔を書き入れたらこんな感じです。一気にトナカイらしくなりますよね^^

トナカイさんの鼻を赤くしたかったんですが、茶色に赤で書いてもイマイチ…

丸い赤いシールを貼ってもいいかもしれないですね。真っ赤なお鼻のトナカイさんにはなれませんでしたが、かわいくできました。

まとめ

今回はサンタクロースとトナカイの折り方をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

折り紙は手先と脳を使いますし、コミュニケーションやスキンシップも自然とできてしまうのもいいところです。

高齢者の方や幼稚園児にとってもスキンシップやコミュニケーションはとても大切です。

クリスマスの壁飾りがみんなで楽しんでできますように~^^

クリスマスの壁飾りにピッタリの手作りできるクリスマスリボンリースも紹介していますので、こちらの記事も参考にしてください^^


人気ブログランキング
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました