ヘアゴムゴージャスリボン|キッズも簡単作り方♪子供も大人も可愛い!

ハンドメイド

リボンのヘアゴムって可愛いですよね^^しかも女の子はリボンが大好き♪

・いろいろなデザインのものが売られてるけど、自分だけのオリジナルが欲しい!
・子供の好きな色で誰も持っていない可愛いリボンのヘアゴムやヘアピンを作ってあげた~い
・キッズでも簡単なリボンヘアゴムの作り方が知りたい。

そんなあなたの願いを叶えます(笑)

今回紹介するリボンのヘアゴムは凝ったデザインに見えるけど、やってみると意外と簡単なのでチャレンジしてみてください。

ここでは、子供でも簡単にできるリボンのヘアゴムの作り方を画像付きでわかりやすく解説しています^^

スポンサードリンク

ヘアゴムリボンキッズ用|材料

  • リボンA色(約3.8㎜幅)・・・16cm×2枚
  • リボンB色(約3.8㎜幅)・・・16cm×2枚
  • リボン(約1cm幅)・・・7cm×1枚
  • チュール生地(リボン)・・・約6cm×約30cm
  • 中心に飾るビジューやパールなどお好みのもの
  • ヘアゴム(輪になっているものか、直径4~5cmに輪に結ぶ)

  • 両面テープ(1cm幅)
  • 針と糸
  • 接着剤
  • ライター

リボンヘアゴムの簡単な作り方

材料を紹介したところで、作り方を順番に解説していきます^^

両面テープなどを使うのでキッズでも簡単にできる作り方となります。

もう少ししっかりと作りたい場合は、テープで止めたところを糸で縫っておくとしっかりします^^

①リボンの端をライターであぶってほつれ防止しておきます。

ここは火を使って危ないので、大人がするようにしたほうが安心です。

②リボンの端に、両面テープを半分残して裏から貼り付けます。

②もう一方の端を両面テープの残りの部分に貼り付けてリボンを輪にする。これを4本分作ります。

③両面テープをはがして、リボンの中央に貼り付けます。

④継ぎ目を下にして、中央で谷折り、さらに両方の端を山折りしてM字型に折ります。

⑤それぞれ中央を糸で結びます。

この時は、お子様など糸で結ぶのがむずかしかったら、細めの両面テープでくるりと巻いて留めても大丈夫です^^

⑥4つ出来たらそれぞれの色同士のリボンを2つずつ中央で結びます。

出来上がりはこんな感じです^^

⑦それぞれの色で作った2色のリボンをクロスするように合わせて、さらに中央で結びます。

⑧リボンの真ん中のために、1cm幅のリボンの裏に両面テープを貼り付けます。

スポンサードリンク

⑨リボンの中心にぐるりと貼り付けていきます。

その時、ヘアゴムをリボンの裏に置いて、一緒に巻き込みます。

このままでもシンプルリボンでかわいいですが、もうひと手間でグッと豪華に^^ぜひ続きもやってみてくださいね。

⑩チュールをたて長に折って端から5mmくらいのところをザクザク縫って、縫い終わりは縫いはじめをつなぐように縫って、糸をしぼり、玉どめする。

こんな感じのものを作ります^^

⑪接着剤でリボンの中央に輪にしたチュールを貼り付ける。

このように貼り付けます^^

⑫接着剤でビジュ―などの好みの飾りを付けていきます。

⑬完成~^^

子供用に作ったリボンのヘアゴムを大人っぽくする方法

子供さんのヘアゴムは2色のリボンの組み合わせを変えたり、中央の飾りを可愛らしい色々なものに変えるだけで雰囲気はガラッと変わります。

大人っぽく作るには色を抑え気味にしたり、ベルベットのような素材を使うだけでも大人にもかわいいリボンのヘアゴムが作れます^^

中央のチュールを違う素材にするのも素敵ですし、チュールをなしにして飾りをパールなどにすると、職場にも最適な雰囲気のリボンが作れますよ。

特に難しいところはないので、お子様と一緒に作るには最適な作り方となります。

ただ、ほつれ止めでライターを使う際には、やけどや火事に十分に注意しましょう。

チュールレースのリボンの作り方も紹介しています。

キッズにはこちらのヘアゴムもおすすめ^^

スポンサードリンク

まとめ

このリボンの作り方を覚えておけば、ヘアゴムだけでなく、バレッタやカチューシャなどのヘアアクセサリーだけじゃなく、ブローチ、バッグのチャームなど幅広く利用可能♪

飾りを好きな色で作れて、オリジナルなので楽しさがいっぱいです。

自分なりのカラーを決めて、子どもの小物の目印にしてもかわいいですね。

簡単なのでぜひ作ってみて下さいね^^


人気ブログランキング
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました