チュールレース リボンのヘアゴム作り方|大人も可愛いヘアアクセが簡単

ハンドメイド

今回は、女性に大人気のふわふわチュールのヘアゴムを作り方を紹介します。

チュールを2種類使ってクロスさせているので、ちょっと変化があって大人にも可愛いリボンのヘアゴムができます。

リボンとビジューをアクセントにしているので、つけるアクセによって大人っぽくも子供っぽくも作れますよ^^

100均でそろえられる材料で作ってみたので、ぜひ色々な色で作ってみて下さいね。

スポンサードリンク

チュールレースでリボンヘアゴムの作り方


材料・用具

  • チュールレース(約7cm×約30cm)・・・各1枚×2種類
  • 中央に飾るリボン(約1cm幅)・・・1本
  • 中央に飾るビーズやビジューなど・・・1個
  • ヘアゴム・・・1個
  • 手芸用ボンド

①チュールを広げ、両端から中央に向かって折ります。

②さらに、両端から中央に向かって折ります。

③それを半分に折ります。

④横に持って、中央を谷折りにします。

⑤さらに両端を山折りします。

⑥中央を糸で縛ります。

⑦もう1枚のチュールも同様に作ります。

2つのリボンの大きさが違っていたら切りそろえておきましょう。

⑧2つをクロスするように重ね、ヘアゴムも一緒に糸で縛ります。

↓ ↓ ↓

糸で縛るときは、きつめにかたく結ぶようにしてくださいね。
結び目はゴム側でなく、リボン側に出すようにします。
ビジューなどの飾りで結び目を隠すことができ、ボンドで飾りと一緒に固定できるので

⑨細いリボンを写真のようにクロスさせます。

⑩輪になった部分の中心と、クロスした部分を重ねるようにしてリボンにします。

↓ ↓ ↓

スポンサードリンク

⑪⑧のリボンの中心にボンドで付けます。

⑫中央にビジューなどをボンドで付けて飾ったら完成です。

こちらでも少し違ったリボンのヘアゴムを紹介しています^^

大人可愛いヘアゴムの作り方 リボンの色に変化をつけるだけ

大人可愛いリボンにするポイント
今回は、可愛らしい色味の2種類のチュールを使いましたが、大人っぽくするにはネイビー色のレースを1種類だけにして紹介したよりもチュールのサイズを大きくすることで、完成した時のヘアゴムが大きくなるのでやってみて下さいね^^

中央につける細いリボンの素材も、ベルベットや革製のものにすると大人っぽい仕上がりに♪

こちらではシフォン生地でつくるヘアゴムを紹介しています^^

スポンサードリンク

チュールリボンは色々なヘアアクセにできる!作り方を覚えておくと便利

紹介させていただいたチュールで作るリボンは、今回紹介しているヘアゴムだけでなくヘアピンなどにも応用がききます。

リボンを作ったらボンドでピンにつければ、そのままヘアピンとして使えますし、たくさん作ってウェディングドレスに使ったり^^

この作り方は基本なので、チュールの数を増やしてみたり、リボンの大きさを大きいものと小さいもので組み合わせたりするだけでも、豪華になったり可愛らしくなったりもします。

自分の思い通りにつくれるのがハンドメイドのいいところなので、ぜひこの基本の作り方を覚えてアレンジしてみて下さい。

今回は太めのヘアゴムを使っていますが、小さいお子様には少し細めのゴムを使用するとすべり落ちにくいのではないかと思います。

こんな可愛い指で編めるシュシュも紹介しています^^

まとめ

人気のチュールは、季節を問わず女性のアクセサリーにぴったりですよね。

ふんわりと淡い色で仕上げれば子供向きに、大人っぽい色味と中央のデザインを変えれば大人っぽい雰囲気の髪飾りになります^^

色を変えれば、大人っぽい雰囲気にも仕上げられるので、デザインによって大人も子供も使えるヘアアクセサリーを作ることができます。

黒などを使用して、ビジューを大人っぽいデザインにしたり、コットンパールを使用したりすると上品に仕上げられ、大人用のバレッタやブローチなどにも合います。

今回、使用したようなキラキラやスパンコール付きのチュールを使えば、それだけでも華やかさがアップしますね^^


人気ブログランキング
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました