ラインがきれいな【不織布マスクカバーの作り方】すっぽり入れてもだぼつかない♪サイドも浮かない♪型紙の作り方解説

ハンドメイド

今回はリクエストをいただいていた、不織布マスクが中にすっぽり収まるタイプのマスクカバーを紹介します。

不織布マスクを中に入れるタイプは、どうしてもだぼついた感じになりやすくてかなり悩みましたが、型紙の調節が出来たのでぜひ参考にして下さい♪

型紙を作ってしまえば何枚でも簡単に作れるので、挑戦して下さいね^^

他のサイズもご希望が多ければ、またブログにアップしていくので、その場合はコメント下さいね(*^-^*)

ノーズワイヤーがお洗濯の時に出せるようにつくる方法も紹介させてもらいます。

スポンサードリンク

ラインがきれいな【不織布マスクカバーの作り方】動画

マスクカバーの型紙

普通サイズ

17.5㎝×9.5㎝の不織布マスク
16.5㎝×9.5㎝の不織布マスク

小さめサイズ

14.5㎝×9㎝の不織布マスク

動画で使用した生地

今回動画で使用した生地は、

表生地・・・クレンゼブロード
内側生地・・・クレンゼスケア

バイアステープは、幅35㎜の生地で作ったものになります。

市販のバイアステープを使う場合は18㎜のものを使うと使いやすいです☆

スポンサードリンク

抗ウィルス加工生地のクレンゼを使うことで、更に防御力が高くなると思って使用させてもらいました。

生地の詳細はこちらからご覧いただけます。

クレンゼブロード

クレンゼスケア

まとめ

今回は中に不織布マスクを入れられるマスクカバーの紹介をさせていただきました。

型紙が少し面倒かもしれませんが、作ってしまえば簡単に作れるのでぜひ挑戦して下さいね(*^-^*)

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました