まるで布マスクだけのような着け心地【1枚仕立てのマスクカバー】一目で不織布マスクとわかる♪

ハンドメイド

今回は、1枚仕立てのマスクカバーの作り方になります。

これまでのマスクカバーだと、布が2枚に不織布マスクの3枚になってしまうので、長時間つける自信が無いという声もいただきました。

今回は布1枚で上に不織布マスクとなるのでかなり息苦しさも軽減できると思います。

布を1枚にするのと同時に、中心部分に手を加えることで、市販のプリーツマスクが口につかないマスクに変身します^^

第2弾で紹介したマスクカバーと型は同じようになりますが、作り方が全く変わってくるので、ぜひ参考にして作ってみて下さい(*^O^*)

かなり息苦しさもなくて、肌には優しいマスクカバーが作れます♪

これまでのマスクカバーの中でも、一番簡単に作れるものだと思います。

スポンサードリンク

まるで布マスクだけのような着け心地【1枚仕立てのマスクカバー】動画

型紙の取り方

普通サイズ、小さめサイズはどちらも同じで大丈夫ですが、子供用サイズのみ小さな生地は3㎝~3.5㎝にしてもらう方が良いと思います。

市販マスクの基本サイズでの型の取り方

ここでは、不織布マスクから上手く型が取れない場合に利用してもらうとよいサイズ表を紹介します。

普通サイズ

16.5㎝×9㎝のもの

普通サイズ プリーツを全て広げて使う場合

スポンサードリンク

小さめサイズ

14.5㎝×9㎝のもの

子供サイズ

12.5㎝×8㎝のもの

おすすめの生地

今回のマスクカバーは、肌にあたる側が生地になるので肌に優しいものを使うと良いです^^

ダブルガーゼや、シルクなどもおすすめです。

生地は分厚くならないので、冬用に少し厚手の生地で作っても問題ありません^^

シーチングやオックスくらいならきれいに作れますよ♪

こんなハギレセットの生地1枚で作れます(*^O^*)

まとめ

今回は1枚仕立てのマスクカバーの作り方を紹介させていただきました。

これなら息苦しさもなく、肌荒れせずに不織布マスクを使うことができます^^

ぜひ参考にして下さい。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました