幼児マスクの作り方 縫わずに簡単!裏はガーゼで肌に優しくサイズも自由

ハンドメイド

コロナウィルスが流行しているため現在ではマスクが入手困難になっています。

大人はもちろん、子どもや幼児さんのマスクがないのはかなり心配ですよね。

我が家でも大人用マスクだけじゃなく、子供用のマスクも手に入らず自分で作ることにしました。

今回は、幼児向けのマスクの作り方を紹介します。

裏をガーゼにすることで、幼児の肌にも安心してつけていただくことができますのでぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

幼児マスクの作り方 縫わずに簡単に作る方法


それでは早速、縫わずに簡単に作る方法を紹介していきます。

材料
・ペーパーナプキンや手ぬぐい
・両面テープ(7ミリ~10ミリのもの)
 手ぬぐいを使う場合は、布にも使える両面テープを準備してください。
・ガーゼ
・ラッピングに使うカラータイなど
・医療用布テープ
・耳につけるゴム(柔らかいもの)
・ハサミ

①ペーパーナプキンを裏向きにして、その上の真ん中にガーゼを乗せます。

②両面テープを端に貼ります。

③両面テープを剥がして端を折って貼り合わせます。

④その上にもう一度両面テープを貼ります。

⑤両面テープを剥がして、もう一度折って貼り合わせます。

この時、裏になるガーゼに貼ってください。

⑥反対側も同じように一度貼り付けて、今度はカラータイをのせます。

⑦カラータイを巻き込むように貼り合わせます。

⑧ギャザーを入れるように折っていきます。

⑨全部折ったところです。

⑩端に両面テープを貼ります。

⑪両面テープを剥がして折って貼り合わせます。

⑫貼り合わせた上にもう一度両面テープを貼ります。

⑬ゴムを上に置きます。

⑭ゴムを巻き込んで貼り合わせます。

⑮医療用の布テープで補強しておきます。
なければしなくても大丈夫です。

スポンサードリンク

⑯反対側も同じようにします。

⑰マスクが完成しました^^

プリーツマスクの作り方をこちらで詳しく紹介していますので参考にどうぞ^^

幼児マスクのサイズの目安

今回私が作ったものは、

ペーパーナプキン…20cm×20cm
ガーゼ…16cm×16cm

完成品…14cm×7cm

となります。

このサイズで作ると、小学生くらいの子供用のサイズになります。

幼児さんのサイズで作るときは、

ペーパーナプキン…18cm×18cm
ガーゼ…14cm×14cm

完成品…12cm×6cm

このくらいのサイズで作るとちょうどよいサイズができます^^

子供の顔のサイズによっても違ってくると思うので、一度このサイズで作ってみてから、もう少し小さくしたり大きくしたりしてみてください^^

ちなみに、大人サイズは

ペーパーナプキン…24cm×24cm
ガーゼ…20cm×20cm

完成品…18cm×9cm


このサイズを目安に作ってください^^
市販のマスクと同じサイズに仕上がります。

マスクの裏をガーゼ以外で作るなら

今回は幼児用のマスクを紹介させていただいたので、少しでも優しくと思いガーゼを使いましたが、私は花粉症もひどいためにガーゼだけではちょっと物足りない(^^;

ということで、こんなエアコンのフィルターを使って作ってみました。

始めはちょっと心配だったのですが、いろいろ調べたら人体にとって心配はないということでしたので、裏にガーゼではなく、このフィルターを挟んで作りました。

これなら花粉もしっかり防ぐことができるので安心です^^

スポンサードリンク

まとめ

いつ終息するかわからないコロナウィルス…感染を防ぐためにせめてマスクはしておきたいですよね。

といっても中々購入できない今、自分でマスクを作ってできる限りの防御をしましょう^^

今回紹介させてもらったマスクの作り方は、両面テープだけを使った簡単なものなのですぐに作ることができます。

幼児用マスクなので、かわいらしい柄で紹介させてもらいましたが、もちろん白いペーパーや手ぬぐいでも大丈夫♪

ぜひ作ってみてくださいね^^


人気ブログランキング
にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました