医療用N95マスクに近づけるマスクの作り方|三層構造なのに息がしやすい

ハンドメイド

今回は、冬に向けて防御力の高い生地の組み合わせでマスクを作りました。

高密度綿とシフォン生地の組み合わせは、医療用のN95マスクに近づけることができるという研究結果を元にしています。

シフォン生地は扱いにくく、初心者さんだと苦手意識があると思いますが、

・カーブをできるだけ少なく
・間に挟み込む形なので少しくらいよれても大丈夫
・縫い付けるから、端が綺麗にできなくても大丈夫

このように悩みを全て解決しています^^

ぜひこの防御力の高いマスクを作ってみて下さい(*^O^*)

スポンサードリンク

医療用N95マスクに近づけるマスクの作り方【動画】

布サイズの紹介 4サイズ

大人サイズ


子供サイズ

今回使用したおすすめの生地

今回使用した生地は4種類あります。

・高密度綿
・抗ウィルス加工生地クレンゼ
・シフォン生地
・コットン

この中でコットンは、間に挟んだ柄のものなので好きな柄の生地を利用してもらうと良いと思います。

高密度綿は、ニトリで購入した枕カバーの500糸のものをほどいて使っています。

500糸が手に入らなければ、400糸とか300糸でも通常の綿生地よりは目が細かいので、それを使う方が良いです^^

スポンサードリンク

シフォン生地は、このタイプのものを使いました。

抗ウィルス加工生地クレンゼは、いつもこちらのショップさんが安くて親切なので利用させてもらっています。

かなり人気で、売り切れもあるようなので欲しい方は早めに購入した方が良さそうですよ^^

まとめ

今回は防御力の高いマスクの作り方を紹介させてもらいました。

これから寒くなるにつれて、このようなマスクは必須になってくると思うのでぜひ作って欲しいと思います。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました