ゴム交換タイプ【不織布マスクカバー】縫うところを減らして手縫いも簡単♪中心縫わずに立体♪マスクで耳が痛くない☆誰が見ても不織布マスクだから安心♪

ハンドメイド

今回はリクエストをいただいた、サイドがレースのマスクカバーにゴムが交換できるものを作ってみました。

プリーツを広げて使う場合や、そこまで広げない場合のサイズ調節方法も紹介します。

もう一つ、レースを使わず、共布で作るやり方もリクエストいただいていたので、動画内で紹介しています。

前回は、不織布マスクから型をとって作るものでしたが、今回は更に簡単になるように中心を縫わずに作れるようにしています。

かなり縫うところも少なく、簡単にできるので手縫いの場合でも時間がかからず出来ます(*^-^*)

マスクがずれない工夫もしているので参考にして下さい^^

スポンサードリンク

ゴム交換タイプ【不織布マスクカバー】動画

サイズ調節方法と基本サイズ

ここでは基本の生地サイズと、折り込む時の寸法を紹介しますが、横幅はぴったりサイズで採寸しているので、横幅を少し大きくしたいときには1㎝か2㎝大きくして下さい^^

スポンサードリンク

立体にするときの印は、普通サイズ、小さめサイズは中心から3㎝ですが、子供サイズのみ中心から2.5㎝にして下さい^^

普通サイズ

小さめサイズ

子供サイズ

まとめ

今回はとても簡単に作れるマスクカバーの作り方を紹介しました。

簡単なのに、ゴム付に出来るので不織布マスクのゴムが痛くて辛い方にも試してみて欲しいです^^

参考にして下さい。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました